Akko

オーブン陶土と天然石を組み合わせた
アクセサリーのお店「ミズマリMizuMari」を
オープンしました。

小柄で合うサイズのお洋服が少ないので、
シンプルなお洋服に自分で作った
ブローチを着けて楽しんでいます

お使いやすいアクセサリーを制作するために
自分でもコーディネートに取り入れて
研究しています。

こちらのブログは「WEAR」転載用です。
WEARでは着用している
http://wear.jp/mizumari00wear/

陶アクセサリーの制作日記はこちらになります。
http://b

記事一覧(18)

手乗りキンカチョウのピンクッション

手乗り文鳥の花器(フラワーベース)

ぷっくりした愛らしい文鳥を見て、手のひらサイズの花器を作りました。鉢植えの小さなお花や野の花などの背丈の短い植物用の花器があったらなと、そのサイズに合いやすいように制作しています。温かな印象になるように一つ一つ手で作り、手の上に乗せたときに収まる丸みある形にしました。表情にもこだわって、文鳥の特徴である大きな嘴は健康的に見えるように丁寧にグラデーションに色づけし、生き生きとした表情になるようにツヤ感も意識しました。きめ細やかな羽のふんわり感は、あえてラフに着色することで柔らかな雰囲気になるようにしています。お花を生けるときは、付属の取り外し出来るガラス瓶に水を入れて生けることが出来ます。ガラス瓶を文鳥本体の穴にセットしていただき、お花を楽しんでいただく形になります。※文鳥本体の穴に直接水を入れることは出来ません。文鳥本体が長時間の水に濡れると劣化の原因になります。必ずガラス瓶をお使いください。※安全性の高いコーティング剤を使用しておりますが、小さな動物さんの場合は人のように安全性が保障できないため、接触させないほうがよいかと思います。小さなサイズなのでデスクやちょっとしたスペースに置いていただくのにピッタリです。鳥好きな方へのプレゼントにもオススメです。オンラインショップはこちらから